介護職の不安について

一人暮らしの介護職は大変?介護職の給料や一人暮らしの注意点を解説!

介護職の一人暮らし

一人暮らしは生活や仕事に関することをすべて自分ひとりで管理しなければいけないため、大変なものです。

また、十分な給料がないと生活を続けていくことも難しくなってしまいます。

介護職を続けることで十分な給料は得られるのでしょうか?

この記事では、介護職が一人暮らしをするにあたって気になる介護職の給料や、お金の管理や仕事の管理、体調管理などを解説していきます。

介護職の一人暮らしでは自分を管理することが大事!

介護職の一人暮らしの実態について見ていきましょう!

介護職の一人暮らし

介護職の一人暮らし

一人暮らしでは生活に関するお金のこと、体調のこと、仕事のこと、すべて自分一人で管理しなくてはなりません。

特に、お金に関する不安については介護職の仕事で生活をやりくりすることが不安だという人も多いようです。

介護職の一人暮らしの実態はどんなものになっているでしょうか?詳しく見ていきましょう。

介護職の給料は?

結論からいうと、介護職の給料で一人暮らしをすることは十分に可能です。

たしかに、若くて経験が少ない頃は給料が少なく一人暮らしの生活費を賄うのも大変かもしれません。

しかし、介護職の仕事で経験を積んでいけば昇給が可能ですので、生活のレベルを上げていくことができるでしょう。

生活費を上手く節約すれば貯金をしていくことも可能です!

学歴は関係ある?

学歴に応じて給料や年収が影響してしまうのではないかと懸念してしまう人も多いでしょう。

初任給などは学歴などによって異なりますが、その後の給料や昇給の状況は活躍に応じて上がっていくものです。

学歴のある人はある程度資格を持っていることがありますが、そうでない人も資格をとったり実務経験を積むことで学歴に関係なく給料を上げることができます。

介護の実務をしっかり積んでいき、必要に応じて資格を取ることで自分の価値を高めていき、給料を上げていきましょう。

福利厚生を重視

一人暮らしをしながら仕事を続ける場合、給料だけでなく福利厚生を意識しましょう。

例えば、休暇制度が充実していたり、資格補助制度などがしっかりしている企業の場合は仕事をしながら将来のプランを練ることができます。

毎日の生活だけでなく、将来のことをも意識しながら仕事や生活を充実していきましょう。

介護職は未経験でも始められる?

介護職の一人暮らし

介護職は未経験でも始められるものでしょうか?

介護業界は人材不足であり、未経験の人材であっても多数の求人が用意されています。

やる気さえあれば、介護業界に入って経験を積んだり資格をとることで給料を高めることができるでしょう。

一人暮らし方にとって介護職を務める方法を見ていきましょう。

介護業界は人材不足

介護業界は人材不足といわれています。

その背景には高齢化によって介護を必要とする人口が増えていることが挙げられます。

介護現場での人材は常に求められてきており、介護業界では常にやる気のある人材が求められているのです。

資格を取得する

資格を取得することでキャリアアップすることができます。

資格取得は独学で行うほか、資格スクールに通って試験対策をするなどの方法があります。

仕事をしながら資格取得の勉強を進めるのは中々大変ですから、こういったサービスを活用しながら資格取得の勉強を進めていきましょう。

シカトル

介護職の一人暮らし

シカトルで自分に合った資格サイトを探す

「シカトル」は介護業界専門の資格サービス!

介護資格に特化したスクールの紹介などをしてくれるので、資格取得のための勉強をスムーズに進められるでしょう。

介護実務経験を積む

介護職としてのキャリアを高めていくには介護現場で実務経験を重ねていくことが重要です。

介護資格の中には実務経験が必要になる場合もあり、実務経験をすることで確実にキャリアアップすることができます。

多くの現場で経験を積んだ人材はどの会社でも重宝されるため、積極的に色々なことに挑戦していきましょう!

マネジメント職の経験

現場で働くだけでなく、現場のマネジメントを行う場面も増えてきます。

マネジメント職を行う際は資格が必要になることもあり、多くの仕事を経験することで介護に携わる職としてレベルアップすることができるでしょう。

マネジメント職を行う場合には介護や医療に関する専門知識だけでなく、色々な人と業務の調整をする能力も問われてきます。

仕事人としてレベルアップするためにもマネジメント職を行って広い視野で業務を見ていくといいでしょう。

一人暮らしで気を付けるべきことは?

介護職の一人暮らし

一人暮らしは仕事のことも自分の生活も全て自分で管理しなければならないため、非常に大変なものです。

一人暮らしでは生活や仕事に関することを一人で管理します。

管理する内容としては、お金の管理、体調管理、生活の管理など。

すべてにおいて欠かせないもので、健康的に仕事をしてお金を稼ぐことで生活が成り立つのです。

  • お金の管理
  • 体調管理
  • 生活の管理

お金の管理

介護職の一人暮らし

暮らしを支える重要なものの1つは「お金」です。

お金をしっかりと管理していないと生活費が払えなくなりますし、何をするにしてもお金は欠かせません。

お金を管理するうえでは、働いて得た給料などをいかに管理していくかが重要。

介護職で一人暮らしの場合、お金の管理をどのようにしていくか確認しましょう。

介護職の一人暮らしの貯金

介護職の一人暮らしはどうやって生活している?

以下は、介護職の一人暮らしの収入および支出の一般的なモデルです。

給料は全額が振り込まれるわけでなく、税金や保険料などが差し引かれた「手取り額」が振り込まれます。

その中から生活に必要な金額が16万円と仮定すると、毎月2~3万円ほど貯金が可能です。

1ヵ月3万円の貯金があれば、年間で36万円の貯金が可能です。

将来的に結婚や育児などをしたいと考えている人は貯金をすることで将来への備えをすることができるでしょう。

収入 -
給料(手取り) 18万円
支出 -
家賃 5万円
水道・光熱費 1万円
交通費 2万円
食費 3万円
交際費 2万円
娯楽費 2万円
自己啓発費用 1万円
小計 16万円
合計 2万円

福利厚生

介護職の一人暮らし

会社を選ぶ場合は給料の金額だけでなく、福利厚生がどれだけ充実しているかということも重要です。

福利厚生が充実していると、給料以上に生活をサポートしてくれます。

例えば、家賃補助などがある企業では家賃の多くを企業が負担してくれるものです。

家賃は家計を圧迫する要因の1つですので、大きな助けとなります。

このように、福利厚生が充実している企業では実際の給料以上の生活を確保できるため、企業選びの際には福利厚生も重視するといいでしょう。

ダブルワーク(副業)

副業(複業)やダブルワークで収入をサポート!

介護の給料で不十分だという場合は、ダブルワークすることも検討に入れてみてください。

業後に時間や体力が余っている場合は有効活用するのも一手です。

ダブルワークとはいわゆる副業のことで、業後の時間などを活用して本業以外の仕事でお金を稼ぎます。

アルバイトなどでお金を稼ぐという人もいれば、YouTubeやブログなどのアフィリエイト収益などでお金を稼ぐというケースも人気です。

自分の時間をいかに有効活用できるかというのが、一人暮らしでタフに生きていくことに求められるでしょう。

一人暮らしの節約のコツ

一人暮らしの節約のコツは、ずばりお金の管理を家計簿につけること!

一人暮らしをしていると知らない間に出費が重なってしまい、生活費が足りなくなってしまいがちです。

出費の内容を細かくメモに残すことでお金を浪費するクセがなくなっていくものです。

たまには旅行などで息抜きをして疲れをとってリフレッシュすることも重要ですが、家計簿につけることでお金を管理することができるでしょう。

体調管理

介護職の一人暮らし

「体は資本」とも言われるように、自分の体を管理することは何よりも大切なことです。

充実した毎日は健康な体があってこそのものです。

一人暮らしでは生活が不規則になりがちで、特に介護の仕事をしながらだと生活リズムが崩れがちになってしまいます。

しっかりと自分の体調管理をすることで、充実した毎日を過ごしましょう。

規則正しい生活

体調管理をするためには、規則正しい生活が必要。

中でも睡眠は重要で、毎日しっかり6〜8時間以上の睡眠時間を確保することが望ましいです。

規則正しい生活を続けることで、自律神経が整っていくので体調もよくなっていくでしょう。

メンタルケア

メンタルケアは健康な体を支えるための重要な要素です。

メンタルが強いと思っている人でも、ストレスなどの外部要因で崩れてしまうのがメンタルです。

メンタルが不調だと、体調も崩れてしまうためしっかりとメンタルケアを行う必要があります。

具体的には、必要に応じてストレス発散の対策を行う、趣味を通じてリラックスをとるなどの対策をとりましょう。

生活の管理

介護職の一人暮らし

一人暮らしの方は自分の生活時間をしっかり自分で管理する必要があります。

特に、夜勤が多い方の場合は夜勤によって生活リズムを整えなければなりません。

規則正しい生活を続けることは健康の管理にも繋がります。

自分でしっかりと生活リズムの管理をすることが一人暮らしに求められるでしょう。

夜勤のケア

夜勤がある場合は睡眠時間などをずらさなければいけないため、いつも以上に体調の管理が必要です。

日光を浴びる、毎日しっかり睡眠時間をとるなど時間を意識して生活を管理しましょう。

夜勤が続く場合は?

夜勤が続く場合は中々生活リズムを整えることは難しいでしょう。

特に、昼間の勤務や夜勤が交互に続いてしまうという場合は時間を調整することが難しくなってしまいます。

勤務時間が不規則であっても、睡眠時間の確保だけは欠かさないようにしましょう。

必要に応じて仮眠をとる、日光を浴びるなどの対策をとることで崩れてしまいがちな生活リズムや自律神経も整っていきます。

通勤管理

通勤が必要な場合は、通勤時間や通勤手段の管理をすることも重要です。

必要な場合は通勤に便利な場所に引っ越しを行うなどの対策も求められます。

公共交通機関を利用する場合は移動手段をしっかりと把握し、定期券の購入など移動に必要なものを準備しなければなりません。

通勤手段の確保や住居の管理など、必要に応じて対策を行なっていきましょう!

転職でキャリアアップ!

介護職の一人暮らし

キャリアアップをしたい方は転職活動がおすすめ!

生活をしていくには勤める会社のサポートが必要です。

給料が高いことはもちろん、福利厚生が充実している企業で働くことで生活のクオリティを高めることができます。

また、様々な会社や介護の現場を経験することで確実に自分の経験値が高まっていくものです。

自分の生活を守るためには、お金や生活の質を高めていくことが必要。

転職によって給料を上げたり、自分の生活に合った働き方を求めることで生活の質を高めていきましょう!

介護専門の転職サービス

介護業界の転職なら介護業界の転職サービスの利用がおすすめ!

介護に関する様々な求人を用意しているため、理想の転職先を見つけることができます。

きらケア

介護職の一人暮らし

きらケアで介護求人を探す

「きらケア」は介護専門の転職サービス。

「未経験OK」や「無資格OK」など様々な条件の求人があります。

業務経験が豊富な人には「月給33万円以上」など好条件の求人も多数。

利用者の需要に合わせた求人を紹介するサービスです。

専任のキャリアアドバイザー

きらケアでは専任のキャリアアドバイザーが転職に関する様々な情報を共有してくれます。

目先のことだけでなく、今後のことも見据えたキャリアアドバイスを実施するので、様々な経験をすることが可能です。

実際に転職する場合は労働条件の交渉もしてくれるので、残業時間など仕事の条件にこだわりたい人も安心して利用できるでしょう。

一人暮らしの介護職を応援!

介護職の一人暮らし

介護職の一人暮らしの実態や一人暮らしをする注意点を見ていきました。

一人暮らしは生活や仕事をすべて自分で管理しなくてはならないため、思っている以上に大変なものです。

介護の一人暮らしではお金の管理、体調の管理、生活の管理などすべてを自分一人で管理しなければなりません。

特に、お金の管理は重要で、資格取得や転職などを通じてキャリアアップすることで給料を高めることができます。

今回紹介したことを踏まえて、一人暮らしがうまくいくように、介護職としてのキャリアが上手くいくことを祈っています!

-介護職の不安について
-, ,

© 2021 未経験のための介護どっとこむ